伝え方で結果が変わる!話し上手な人がやっている、ちょっとしたコツ

ご縁があって、超ベストセラー「伝え方が9割」の著者コピーライター、
佐々木圭一さんの講演会に行ってきました。
◎講演会場 三省堂書店
{64C7440C-3E02-434D-ABED-A3BFEE30E670}

1冊めの「伝え方が9割」が出版されてまもなく、佐々木さんにお目にかかったことがあります。

分かりやすくて素晴らしい本だなーと思っていたのですが、このマンガバージョンもさらなるバージョンアップ。
限りなく進化を続ける佐々木さんがどんなお話をされるのか、自分の勉強も兼ねて、事務所社長の斉藤リカさんと伺いました。
●分かったこと
「伝え方はセンスではない、技術だ」
もともと上手に話せる人もいますが、上手な人は、「伝え方を学んでいる」ということ。
また法則を理解して、そのパターンを使ってトレーニングすること。
半分くらいの時間は参加者のワーク。
これで実際の気づきが得られます。
また常に話にコミットしていなければならない状況に追い込まれますので、脳がフル回転‼️
濃密な時間です。
課題が2つ出されましたが、二つめは参加者全員沈黙。つまり、難しいと感じることは誰もが同じで、そこをうまく突破した人が、伝え方上手なんだな〜と思いました。
では、課題です!(会社でよくあること)
○「上司に分かりやすく指示を出して欲しい」
曖昧な指示しか出さない上司に頭を抱えている部下は多いですよね。
こんな時、どんな言い方をすれば上司も自分も気持ち良く前へ進めるか。
ヒント!
○上司こそ認められたい願望がある
答えは様々にありますが、
職場で実際に成功した「伝え方」、
あればみなさんぜひ教えてください!
1時間の講演でしたが、得ることの多い充実した時間でした。
*「ノー」を「イエス」に変える技術
*「強いコトバ」を作る技術
佐々木さんのコピーはやっぱり刺さるな〜。
「人を動かすのはルールではない、感動だ!」
再度、読み直してみます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です