大学のオンライン授業が始まりました!「適者生存」の思いです

皆様、お元気ですか?

アナウンサー、色彩&スタイルアドバイザーの大平雅美です。長らくのご無沙汰でした。

なかなか落ち着かない日々を過ごしておりましたが、こちらのブログも更新して参ります。

さて、目下の一大事は「大学でのオンライン授業対応」

私が講義を担当している大学でも、5月11日からオンライン授業が始まっています。

ここまでこぎつけるのに、専任の先生方やオンラインサポートチームの先生方のご尽力には頭が下がります。

本当にありがとうございました。

オンライン??何?、ZOOM何?、だった私にもわかるように丁寧にお教えいただきました。
今ではむしろこの状況を楽しめそうな状況に変わってきました。

オンライン授業は今週で2回目ですので、気がついたことを備忘もかねてご紹介して参ります。

 

◆5月11日(月)1回目
大学全体として、オンライン初日。

多分だけど、この日サポートチームの先生がたの心配度数は想像を超える数値だったのではないかと思います。

特に私のクラスはZoomで150人受講。(「メディア表現」主に色彩と映像についてアニメーションから分析)

これまで、別の仕事ではマンツーマンでのZoomや、少人数での会議は何度か実施していて

なんとなくZoomはできそうという感覚がつかめてはいましたが、、、、、

ただ150人!!!はどうなんだろうか?????はたして通信は大丈夫なのか?

みんなちゃんと入室できるのか????

最も心配したのは、私の通信が途切れないか?ということと、学生全員と繋がれるのか?ということ。

まさにこの日は、

自分のアナウンサーとしての仕事よりも、緊張度、Max!

ほんとに大丈夫なの??心臓バクバクでいざオンタイム。

結論から言うと、何のトラブルもなく、150人で授業ができました!!!

きっと、学生の方がこういうのは順応性が高く、「先生、何緊張してんですかぁぁぁぁ」だったのではと想像できます。

コロナの影響は様々にあります。新生活様式は新学習様式の到来でもあります。

社会進化論の「適者生存」を思い出してしまいました。

私も「適者生存」のすみっこになんとか入れたかな!まだまだ手探り状態ではありますが、

ここはネガティブにならずに、ポジティブに前向きに、
この新しい状況をキャッチした人が生き残っていくのを実感しております。

Zoomでは厚化粧・・・しかたありません、こんな感じで初日の授業が終わってホッとしております♡

私なりに気がついたことをこれからアップして参ります。

よろしくお付き合いください♡

***********************

image