【プレジデントの服装術】トヨタ自動車・豊田社長の「赤と黒」

いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。

アナウンサー、カラー&スタイルアドバイザーの大平雅美です。
自分の価値を表す「装い」で差別化
 
企業トップやエグゼクティブの研修や講演を行っています。
そんな時に好例として必ず挙げるのが、トヨタ自動車の豊田章男社長です。

(*2017年8月本社記者会見時の画像)

トヨタ自動車とマツダの資本提携が発表されました。
「マツダさんに負けたくない」が印象的な言葉でした。
記者会見をすると、ほぼニュースになるトヨタ自動車ですから、
こうして豊田社長が外見しているシーンは何度も目にしているでしょう。
「印象形成」
印象をコントロールする!
トヨタの力強い企業ロゴの赤と同じ赤色のネクタイ。背景はいつも白。
この白が実は重要で混じりけのないピュアホワイトです。

色のメッセージを出したい時は白地か最も映えるからです。

白地に赤が良く映えてトヨタが浮き出て見えまはす。
まさに日本を代表する企業イメージ。
さらに少し印象を変えたい時のプレゼンスとして有効なのは、
「黒縁メガネ」
(2015年4月名古屋グランパス代表取締役会長就任会見)

 

黒縁メガネはなかなか難しいのですが、

日本で黒縁メガネが最もお似合いになるおひとりです。
「赤  白  黒」
このインパクトある色彩メッセージは見る人の心に残ります。
白と赤の単純配色に、「黒」を入れることで
より力強いイメージとアクティブに攻めていく姿勢を感じます。
メガネはさりげなくかけていますが、
顔の形とメガネのデザインの相性が大切。
ですから誰にでもこの太いフレームのデザインが似合う訳ではありません。
丸顔の人はやや角のあるフレームが良いし、
パーソナルカラーとの相性も大切。

そう言った意味で豊田社長のメガネ選びはパーフェクト💯だと思います。

「外見で信念を表す」
 
会社の方向性を内外に表現するために、自らの外見を整えることは、
最も簡単に変えられて有効な方法だと思います!
エグゼクティブプレゼンスの心得 
1  企業のコーポレートカラーを意識する
 
2  最も似合う勝負服と色を見つける
 
3  外見時は背景の色や隣に誰がいるかに気を配る
 
4  シーンによってメガネをうまく使う
 
5  企業ロゴボートは手が隠れる高さにする

®︎カラー&ボイス 

○自分の価値を表すための武器=「装い」を選ぶ

○自分の価値を差別化=主体的に選ぶ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
研修や講演はお気軽にお問い合わせください