お子さんのための脳を育てる「子育てカラー」

いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。

アナウンサーの大平雅美です。
私はアナウンサーですが、色彩研究も30年近く行っています。
新しいプロジェクトが始まるので、いろいろ資料を整理していたら、
15年くらい前に色彩に関しての取材をたくさん受けていました。
カラーコーディネートや似合う色、カラーセラピー、インテリアカラーと多岐に渡りました。
今見ても役立つ内容で、それぞれ編集者の方が工夫してまとめて下さっています。
せっかくですから過去の記事をアップします!お読みいただければ嬉しいです。
子育ては楽しいこともありますが、いつもいつも楽しい訳ではありませんよね。
そんな時に色を味方につけてはどうでしょう。
カラフルな色遣いの絵本の読み聞かせもとても良いですよー。

こんな特集でした。

赤ちゃんはお母さんの顔が大好き。

お母さんがもっているもの、着ている服もよく見てますよ。

原色が好きなんですね。

黄色、赤、青、はっきりした色から目に入ります。

上手に刺激を与えてあげてくださいねー。

ママも楽しんで!
お母さんの「声」も好きですよ。
ゆっくり、はっきり、抑揚をつけて話しかけてください。
読み聞かせにおススメの絵本
『あおくんときいろちゃん』レオ・レオーニ

まさに、青と黄色!そして緑!

青と黄色を混ぜると緑になる、こんな細やかなことを大人になると忘れてしまったり。
ママも絵具やクレヨンで色を混ぜた日々を思い出しましょう。
私の大好きな絵本です。
○上記の掲載は特集の一部をご紹介しました。
(2003年ベビモ1月号)
ママ向けのセミナーや講座も開催します。
お気軽にお問い合わせページからご相談くださいね。